代替肉(Meat Substitute)市場レポート

代替肉とは、肉の細胞を構成しているタンパク質・脂質・アミノ酸などを植物材料から抽出して作った人工の肉です。アナログミート、肉代替品、肉代用品、ビーガン肉とも呼ばれています。代替肉は本物の肉と比べて低カロリーで、コレステロールもゼロのため、健康意識の高い人の間でニーズが高まっています。特に、アメリカ市場では植物由来の代替肉が急速に普及し、大きなビジネスとなっています。

世界の代替肉市場2024-2028

■ 英語タイトル:Global Meat Substitutes Market 2024-2028
■ 商品コード:IRTNTR43310-24
■ レポート発行日:2024年1月

代替肉市場の市場規模、シェア、動向分析レポート:供給源別(植物性タンパク質、マイコプロテイン、大豆ベース、その他)、流通チャネル別(外食、小売)、地域別、セグメント別予測、2024年~2030年

アジア太平洋の代替肉市場2023-2032

◆英語タイトル:ASIA-PACIFIC MEAT SUBSTITUTE MARKET FORECAST 2023-2032
◆レポート発行日:2023年3月4日

世界の代替肉市場2023-2032

◆英語タイトル:GLOBAL MEAT SUBSTITUTE MARKET FORECAST 2023-2032
◆レポート発行日:2023年3月4日

世界の植物性代替肉市場2023年~2027年

◆英語タイトル:Global Plant-based Meat Market 2023-2027
◆レポート発行日:2022年12月30日

世界のベジタリアン肉代替品市場インサイト及び予測(食肉製品、食肉)

◆英語タイトル:Global Vegetarian Meat Substitutes Market Insights, Forecast to 2028
◆レポート発行日:2022年12月

世界の代用肉市場2022-2026

◆英語タイトル:Global Meat Substitutes Market Research Report 2022-2026
◆レポート発行日:2022年10月

世界の食肉・代替肉用つなぎ材&足場材市場2022-2028:種類別(食肉&代替肉用つなぎ材、培養肉用足場材)、用途別、食肉種類別、地域別

◆英語タイトル:Global Binders and Scaffolders for Meat & Meat Substitutes Market Size study, by Type (Binders for Meat & Meat Substitutes, Scaffolders for Cultured Meat), by Application (Meat Products, Meat Substitutes, Cultured Meat), by Meat Type (Beef, Pork, Fish, Poultry, Other Meat) and Regional Forecasts 2022-2028
◆レポート発行日:2022年9月28日

世界の食肉&代替肉用つなぎ材及び足場材市場予測 2022年-2028年

◆英語タイトル:Global Binders and Scaffolders for Meat and Meat Substitutes Market Growth 2022-2028
◆レポート発行日:2022年9月

世界の代替肉(モックミート)市場予測 2022年-2028年

◆英語タイトル:Global Mock Meat Market Growth 2022-2028
◆レポート発行日:2022年9月

世界の冷凍代替肉市場予測 2022年-2028年

◆英語タイトル:Global Refrigerated Meat Substitute Market Growth 2022-2028
◆レポート発行日:2022年9月

世界の植物性肉(代替肉)市場予測 2022年-2028年

◆英語タイトル:Global Plant-based Meat Market Growth 2022-2028
◆レポート発行日:2022年9月

世界のテクスチャード植物性タンパク質(TVP)市場(~2027年):種類別(スライス、チャンク、フレーク、顆粒)、原料別(大豆、小麦、エンドウ豆)、用途別(代替肉、シリアル、スナック)、形状別(ドライ、ウェット)、性質別、地域別

◆英語タイトル:Textured Vegetable Protein Market by Type (Slices, Chunks, Flakes, and Granules), Source (Soy, Wheat, and Pea), Application (Meat Alternatives, Cereals & Snacks), Form (Dry and Wet), Nature and Region – Global Forecast to 2027
◆レポート発行日:2022年7月25日

世界の植物性代替肉市場(~2027年):原料別(大豆、小麦、ブレンド、エンドウ豆)、製品別(バーガーパテ、ストリップ&ナゲット、ソーセージ、ミートボール)、種類別(牛肉、鶏肉、豚肉、魚肉)、流通チャネル別、保管別、地域別

◆英語タイトル:Plant-based Meat Market by Source (Soy, Wheat, Blends, Pea), Product (Burger Patties, Strips & Nuggets, Sausages, Meatballs), Type (Beef, Chicken, Pork, Fish), Distribution Channel, Storage and Region – Global Forecast to 2027
◆レポート発行日:2022年7月22日

代替肉の世界市場

■ 英語タイトル:Global Fake Meats Market
■ 商品コード:GIRC-060466

植物性代替肉の世界市場

■ 英語タイトル:Global Plant-Based Alternative Meat Market
■ 商品コード:GIRC-060554

植物性肉の世界市場

■ 英語タイトル:Global Plant-based Meat Market
■ 商品コード:GIRC-095098

代替肉の世界市場:タイプ別(豆腐、テンペ、テクスチャードベジタブルプロテイン、その他)、供給源別(大豆、小麦、マイコプロテイン、その他)、販売チャネル別(スーパー、コンビニエンスストア、オンライン販売チャネル、その他)、地域別(北米、中南米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ) – シェア、規模、展望、機会分析、2024-2031年

グローバルの大豆タンパク質市場(2024-2031):タイプ別(大豆タンパク単離物、大豆タンパク濃縮物、大豆粉、その他)、用途別(食品(ベーカリー&菓子、代替肉、機能性食品、乳製品代替食品、乳児用食品)、飼料(家畜、水産飼料、牛、家禽、豚)、地域別(北米、中南米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ)-シェア、規模、展望、機会分析

代替肉市場の市場規模、シェア、動向分析レポート:供給源別(植物性タンパク質、マイコプロテイン、大豆ベース、その他)、流通チャネル別(外食、小売)、地域別、セグメント別予測、2024年~2030年

タンパク質市場(供給源別:エンドユーザー別:動物飼料、パーソナルケア・化粧品、食品・飲料、ベーカリー、飲料、朝食用シリアル、調味料・ソース、菓子、乳製品・乳製品代替製品、肉・鶏肉・魚介類・代替肉製品、RTE・RTC食品、スナック、サプリメント、ベビーフード・粉ミルク、高齢者栄養・医療栄養、スポーツ・パフォーマンス栄養) – 市場規模、シェア、成長、動向、地域別展望、2023-2032年予測

テクスチャード・ベジタブル・プロテイン市場:タイプ別(スライス、チャンク、フレーク、顆粒)、供給源別(大豆、小麦、エンドウ豆)、用途別(代替肉、シリアル&スナック)、形態別(ドライ、ウェット)、性状別、地域別 – 2027年までの世界予測

ビーガン食品市場 – 世界の産業分析、規模、シェア、成長、動向、地域展望、2022年~2030年予測

植物由来食品市場 – 世界の産業分析、規模、シェア、成長、動向、地域別展望、2023-2032年予測

エンドウ豆プロテイン市場 – 2027年までの世界予測

他の代替肉市場レポートを検索する