電子用ウェットケミカルの世界市場予測(〜2028年)

【英語タイトル】Electronic Wet Chemicals Market Forecasts to 2028 – Global Analysis By Type (Isopropyl Alcohol (IPA) (C3H8O), Hydrogen Peroxide (H2O2), Ammonium Hydroxide (NH4OH), and Others), Form (Solid, Liquid and Gas), Application, End User and By Geography

Stratistics MRCが出版した調査資料(SMRC23JUN036)・商品コード:SMRC23JUN036
・発行会社(調査会社):Stratistics MRC
・発行日:2023年6月
・ページ数:約150
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:電子
◆販売価格オプション(消費税別)
Single UserUSD4,150 ⇒換算¥614,200見積依頼/購入/質問フォーム
Enterprisewide PriceUSD7,500 ⇒換算¥1,110,000見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明
※お支払金額:換算金額(日本円)+消費税
※納期:即日〜2営業日(3日以上かかる場合は別途表記又はご連絡)
※お支払方法:納品日+5日以内に請求書を発行・送付(請求書発行日より2ヶ月以内に銀行振込、振込先:三菱UFJ銀行/H&Iグローバルリサーチ株式会社、支払期限と方法は調整可能)
❖ レポートの概要 ❖

ストラティスティックスMRC社の本調査レポートによると、2022年に36.7億ドルであった世界の電子用ウェットケミカル市場規模が、予測期間中に年平均(CAGR)5.5%で拡大し、2028年には50.6億ドルに到達すると推測されています。本書は、電子用ウェットケミカルの世界市場にフォーカスし、市場実態を明らかにするとともに将来の展望をまとめています。エグゼクティブサマリー、序論、市場動向分析、ポーターズファイブフォース分析、種類別(イソプロピルアルコール(IPA)(C3H8O)、過酸化水素(H2O2)、水酸化アンモニウム(NH4OH)、リン酸(H3PO4)、その他)分析、形状別(固体、液体、気体)分析、用途別(半導体、クリーニング、エッチング)分析、エンドユーザー別(自動車、航空宇宙・防衛、消費財、医療、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中東/アフリカ)分析、主な市場開拓、企業情報など、以下の構成で掲載しています。また、Avantor Inc.、CMC Materials、KANTO KAGAKU、KMG Chemicals、BASF SE、FUJIFILM Corporation、Honeywell International Inc.、Linde PLC、Solvayなど、市場参入企業情報が含まれています。
・エグゼクティブサマリー
・序論
・市場動向分析
・ポーターズファイブフォース分析
・世界の電子用ウェットケミカル市場規模:種類別
- イソプロピルアルコール(IPA)(C3H8O)の市場規模
- 過酸化水素(H2O2)の市場規模
- 水酸化アンモニウム(NH4OH)の市場規模
-リン酸(H3PO4)の市場規模
- その他種類の市場規模
・世界の電子用ウェットケミカル市場規模:形状別
- 固体型電子用ウェットケミカルの市場規模
- 液体型電子用ウェットケミカルの市場規模
- 気体型電子用ウェットケミカルの市場規模
・世界の電子用ウェットケミカル市場規模:用途別
- 半導体における市場規模
- クリーニングにおける市場規模
- エッチングにおける市場規模
・世界の電子用ウェットケミカル市場規模:エンドユーザー別
- 自動車における市場規模
- 航空宇宙・防衛における市場規模
- 消費財における市場規模
- 医療における市場規模
- その他エンドユーザーにおける市場規模
・世界の電子用ウェットケミカル市場規模:地域別
- 北米の電子用ウェットケミカル市場規模
- ヨーロッパの電子用ウェットケミカル市場規模
- アジア太平洋の電子用ウェットケミカル市場規模
- 南米の電子用ウェットケミカル市場規模
- 中東/アフリカの電子用ウェットケミカル市場規模
・主な市場開拓
・企業情報

Stratistics MRCによると、世界の電子ウェットケミカル市場は2022年に36.7億ドルを占め、予測期間中の年平均成長率は5.5%で、2028年には50.6億ドルに達する見込みです。半導体の製造と加工は、電子用ウェットケミカルに大きく依存しています。これらの物質は、半導体チップ、フラットパネルディスプレイ、LED、太陽電池の製造を含むさまざまな産業で広く使用されています。過酸化水素に対する半導体業界のニーズの高まりは、電子用ウェットケミカル市場の拡大に大きな影響を与えています。これに伴い、エレクトロニクス業界の急速な技術向上も電子用ウェットケミカルに重要な役割を果たしています。

インド電子・半導体協会によると、同国の半導体部品市場は2025年までに323億5,000万米ドルの規模になると予想されています。

市場動向

成長要因

エレクトロニクス分野における技術革新

半導体・エレクトロニクス分野では、電子用ウェットケミカルがより広く使用されるようになっています。新エネルギー、現代通信、コンピュータ、情報ネットワーク技術、マイクロコンピュータ機械知能システム、産業オートメーション、家電製品などの分野で、その利用が増加傾向にあります。さらに、半導体や集積回路を使用した電気部品の製造により、予測される期間には電子用ウェットケミカル市場が急増します。したがって、電子用ウェットケミカル市場を推進する主な原動力になると予想されます。

規制

健康と環境の面で厳しい特定物質の規制

エレクトロニクス産業では、数多くの化学物質が製造に使用されています。塩化水素ガス、可燃性ガス、さまざまな種類の溶剤など、一部の化学物質やガスは、人体にも環境にも有害です。ある種の溶剤に長期間、過度にさらされると、がんの原因になるだけでなく、肝臓、腎臓、肺、生殖器官に害を及ぼす可能性があります。電子機器の製造に危険な化学物質が使用されているため、企業は多くの規則や規制を遵守しなければなりません。このような要件を遵守する結果、操業コストが増加しています。サプライチェーンの制約が積み重なり、それらに関連する多大なコストが発生するため、市場の妨げとなっています。

ビジネスチャンス

AIやIoTなどの新技術によるITインフラの改善

電子化学品メーカーにとって、AI関連技術の応用は幅広い選択肢を生み出しました。IoT(モノのインターネット)やAIのような新技術の導入の結果、インテリジェントホームガジェットという新しい製品サブカテゴリーが生まれました。電子用ウェットケミカルの市場は、電気自動車の需要の高まりにより、新たな収益用途を持つようになりました。ハイエンドのLEDやLCDテレビは、デジタル・ディスプレイ分野の水準向上に役立っており、洗浄やエッチングのための一流の電子化学薬品も必要となると予想されます。このように、電子用ウェットケミカルを使用する市場動向は、新しい新興技術によって支えられると予想されます。

脅威

旧来技術の使用頻度の低下

クラウドベースのストレージの発達により、メモリーチップやデータセンターのような技術は急速に劣化しています。物理的なデータ・ストレージはもはやそれほど必要ではなくなり、そのためメモリー・チップの製造は減少し、それに伴って電子用ウェットケミカルの需要も減少しています。新しい技術に適応するのに時間がかかるため、中小企業は最終的に収益を失うことになるかもしれません。半導体の製造に使用される化学薬品は、モバイル機器の普及や集積回路や半導体の小型化を考えると、最高の結果を生み出すために、正確で最高レベルのものでなければなりません。

Covid-19の影響

これらのプロバイダーの製造施設は、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、南米、中東・アフリカのいくつかの国にあります。これらの企業もCOVID-19の影響を受けています。需要の減少、サプライチェーンの制約、およびCOVID-19の流行中に米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインの従業員の安全を確保するために、これらのプレイヤーは、生産の停止を発表しました。ボトルネックを回避し、ティア1メーカーの需要に対応するために、おそらくメーカーによって生産が調整されるでしょう。

予測期間中、消費財セグメントが最大になる見込み

消費財セグメントは、可処分所得の増加、ライフスタイルの変化、スマートフォンやラップトップなどの技術アイテムの使用率の上昇により、有利な成長を遂げると推定されます。どの商品も消費者からの需要が大半を占め、農産物の生産者や工業製品のメーカーは、消費者の需要に応えてさまざまな商品を生産しています。予測期間中、これらの変数が需要を高めると予想されます。

予測期間中、CAGRが最も高くなると予想される半導体分野

スマートフォンやノートパソコンなど、最新の電子機器や消費者向け製品の需要が高まっているため、半導体市場は急速に拡大しています。さらに、ハイエンドのLEDとLCDセットが半導体需要を押し上げています。さらに、自動車分野、特に電気自動車向けの需要が伸びており、電子用ウェットケミカルのメーカーに新たな展望が生まれています。

最もシェアの高い地域

アジア太平洋地域は、エレクトロニクス製造への投資の増加により、予測期間中に最も高い市場シェアを占めると予測され、中国、インドを含むこの地域の経済成長国の市場は、予測期間中にかなりの速度で成長すると予想されます。近い将来、アジア太平洋地域の市場は、中国とインドにおけるエレクトロニクス分野への直接投資の増加、「Make in India」キャンペーンを通じたエレクトロニクス分野の製造への注目の高まり、政府の取り組みの強化によって牽引される可能性が高いです。

CAGRが最も高い地域

欧州は、予測期間中、CAGRが最も高くなると予測されています。これは、同地域の電子化学製品の使用を支える電子材料や電子機器の主要な生産者やサプライヤーが存在するためで、欧州の電子用ケミカル製品市場は第2位の市場シェアを占めています。さらに、英国の電子用ケミカル市場は欧州地域で最も速い成長率を示し、ドイツの電子用ケミカル市場は最大の市場シェアを占めています。

市場の主要プレーヤー

電子用ウェットケミカル市場の主要企業には、Avantor Inc., CMC Materials, KANTO KAGAKU, KMG Chemicals, BASF SE, FUJIFILM Corporation, Honeywell International Inc., Linde PLC, Solvay, Technic Inc., T.N.C Industrial Co. Ltd, Eastman Chemical Company, Covestro, Songwon, Cabot Microelectronics and Hitachi Chemical.などが含まれます。

主要開発

2023年5月、世界をリードする製薬会社、国立研究機関、革新的な新興企業に選ばれる研究から生産までのプラットフォームであるLabguruと契約し、Avantor®とLabguruはより効率的なラボでの購買体験を推進するために協業します。

2023年4月、Honeywell はGive Me Trees Trustと提携し、アースデイに植林活動を開始しました。

対象種類
– イソプロピルアルコール(IPA)(C3H8O)
– 過酸化水素(H2)
– 水酸化アンモニウム(NH4OH)
– リン酸(H3PO4)
– 硝酸(HNO3)
– フッ化水素酸(HF)
– 酢酸(CH3OOH)
– 硫酸(H2SO4)
– 塩酸(HCL)
– その他の種類

対象形態
– 固体
– 液体
– ガス

対象用途
– 半導体
– 洗浄
– エッチング

対象エンドユーザー
– 自動車
– 航空宇宙・防衛
– 消費財
– 医療
– その他エンドユーザー

対象地域
– 北米
米国
カナダ
メキシコ
– ヨーロッパ
ドイツ
英国
イタリア
フランス
スペイン
その他のヨーロッパ
– アジア太平洋
日本
中国
インド
オーストラリア
ニュージーランド
韓国
その他のアジア太平洋地域
– 南米
アルゼンチン
ブラジル
チリ
その他の南米諸国
– 中東・アフリカ
サウジアラビア
アラブ首長国連邦
カタール
南アフリカ
その他の中東・アフリカ

❖ レポートの目次 ❖

1 Executive Summary
2 Preface
2.1 Abstract
2.2 Stake Holders
2.3 Research Scope
2.4 Research Methodology
2.4.1 Data Mining
2.4.2 Data Analysis
2.4.3 Data Validation
2.4.4 Research Approach
2.5 Research Sources
2.5.1 Primary Research Sources
2.5.2 Secondary Research Sources
2.5.3 Assumptions
3 Market Trend Analysis
3.1 Introduction
3.2 Drivers
3.3 Restraints
3.4 Opportunities
3.5 Threats
3.6 Application Analysis
3.7 End User Analysis
3.8 Emerging Markets
3.9 Impact of Covid-19
4 Porters Five Force Analysis
4.1 Bargaining power of suppliers
4.2 Bargaining power of buyers
4.3 Threat of substitutes
4.4 Threat of new entrants
4.5 Competitive rivalry
5 Global Electronic Wet Chemicals Market, By Type
5.1 Introduction
5.2 Isopropyl Alcohol (IPA) (C3H8O)
5.3 Hydrogen Peroxide (H2)
5.4 Ammonium Hydroxide (NH4OH)
5.5 Phosphoric Acid (H3PO4)
5.6 Nitric Acid (HNO3)
5.7 Hydrofluoric Acid (HF)
5.8 Acetic Acid (CH3OOH)
5.9 Sulfuric Acid (H2SO4)
5.10 Hydrochloric Acid (HCL)
5.11 Other Types
6 Global Electronic Wet Chemicals Market, By Form
6.1 Introduction
6.2 Solid
6.3 Liquid
6.4 Gas
7 Global Electronic Wet Chemicals Market, By Application
7.1 Introduction
7.2 Semiconductor
7.3 Cleaning
7.3.1 PCB
7.3.2 IC Packaging
7.3.3 Other Cleaning
7.4 Etching
8 Global Electronic Wet Chemicals Market, By End User
8.1 Introduction
8.2 Automotive
8.3 Aerospace & Defense
8.4 Consumer Goods
8.5 Medical
8.6 Other End User
9 Global Electronic Wet Chemicals Market, By Geography
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.2 Canada
9.2.3 Mexico
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.2 UK
9.3.3 Italy
9.3.4 France
9.3.5 Spain
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.2 China
9.4.3 India
9.4.4 Australia
9.4.5 New Zealand
9.4.6 South Korea
9.4.7 Rest of Asia Pacific
9.5 South America
9.5.1 Argentina
9.5.2 Brazil
9.5.3 Chile
9.5.4 Rest of South America
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 Saudi Arabia
9.6.2 UAE
9.6.3 Qatar
9.6.4 South Africa
9.6.5 Rest of Middle East & Africa
10 Key Developments
10.1 Agreements, Partnerships, Collaborations and Joint Ventures
10.2 Acquisitions & Mergers
10.3 New Product Launch
10.4 Expansions
10.5 Other Key Strategies
11 Company Profiling
11.1 Avantor Inc.
11.2 CMC Materials
11.3 KANTO KAGAKU
11.4 KMG Chemicals
11.5 BASF SE
11.6 FUJIFILM Corporation
11.7 Honeywell International Inc.
11.8 Linde PLC
11.9 Solvay
11.10 Technic Inc.
11.11 T.N.C. Industrial Co. Ltd
11.12 Eastman Chemical Company
11.13 Covestro
11.14 Songwon
11.15 Cabot Microelectronics
11.16 Hitachi Chemical



★調査レポート[電子用ウェットケミカルの世界市場予測(〜2028年)] (コード:SMRC23JUN036)販売に関する免責事項を必ずご確認ください。
★調査レポート[電子用ウェットケミカルの世界市場予測(〜2028年)]についてメールでお問い合わせ


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆