生鮮品輸送のグローバル市場(2024~2032):MPS(食肉、家禽類、魚介類)、乳製品・冷凍デザート、野菜・果物、ベーカリー・菓子

【英語タイトル】Perishable Goods Transportation Market Report by Type (MPS (Meat, Poultry, and Seafood), Dairy and Frozen Desserts, Vegetables and Fruits, Bakery and Confectionery), Transportation Mode (Roadways, Seaways, and Others), and Region 2024-2032

IMARCが出版した調査資料(IMARC24MY812)・商品コード:IMARC24MY812
・発行会社(調査会社):IMARC
・発行日:2024年4月
・ページ数:137
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:輸送&物流
◆販売価格オプション(消費税別)
Single UserUSD3,899 ⇒換算¥577,052見積依頼/購入/質問フォーム
Five UserUSD4,899 ⇒換算¥725,052見積依頼/購入/質問フォーム
EnterprisewideUSD5,899 ⇒換算¥873,052見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明
※お支払金額:換算金額(日本円)+消費税
※納期:即日〜2営業日(3日以上かかる場合は別途表記又はご連絡)
※お支払方法:納品日+5日以内に請求書を発行・送付(請求書発行日より2ヶ月以内に銀行振込、振込先:三菱UFJ銀行/H&Iグローバルリサーチ株式会社、支払期限と方法は調整可能)
❖ レポートの概要 ❖

世界の生鮮品輸送市場規模は2023年に191億米ドルに達しました。今後、IMARC Groupは、2024年から2032年にかけて5.41%の成長率(CAGR)を示し、2032年までに312億米ドルに達すると予測しています。加工食品に対する需要の高まり、自然食や植物食の採用の増加、モノのインターネット(IoT)技術の導入などが、市場を牽引する主な要因のひとつです。
生鮮品輸送とは、温度や湿度に敏感な製品をある場所から別の場所へ移動させるサービスを指します。果物、野菜、肉、鶏肉、魚介類、乳製品、ベーカリー製品、花、医薬品などの輸送が含まれます。一般的に使用される輸送手段には、冷蔵トラック、冷凍コンテナ、航空貨物、海上貨物があります。生鮮品の輸送は、製品の品質を維持し、安全性を確保し、賞味期限を延ばし、腐敗、損傷、劣化、食中毒を防ぐために広く利用されています。コスト効率が高く、効率的なサービスであるため、無駄を省き、消費者の需要に応え、生鮮品の長距離取引を容易にします。また、生鮮品へのアクセスを向上させ、顧客満足度を高め、利益を増大させ、経済成長を促進します。

生鮮品輸送市場の動向:
世界中で加工食品の需要が高まっていることが、市場成長を促進する主な要因のひとつです。生鮮品輸送は、すぐに食べられる(RTE)食事、魚介類、乳製品、冷凍肉、鶏肉、野菜缶詰、朝食用シリアルなど、さまざまな加工食品の温度、湿度、その他の環境条件を輸送・維持するために広く利用されており、腐敗を防ぎ、品質を保ち、製品の賞味期限を延ばします。さらに、新鮮な果物や野菜、ベリー類、トマト、アボカド、オレンジ、リンゴ、梨、レタス、その他の葉物野菜など、自然で植物ベースの食生活の採用が増加していることも、市場の成長を後押ししています。さらに、環境に優しく、費用対効果が高く、二酸化炭素排出量を削減し、グリーン輸送を促進する電気自動車(EV)の採用が、市場成長にプラスの影響を与えています。このほか、生鮮品の位置、湿度、温度をリアルタイムで追跡するモノのインターネット(IoT)技術を取り入れることで、サプライヤーがサプライチェーン全体で製品の品質を監視できるようになることも、市場成長に弾みをつけています。さらに、食品の安全性を確保し、コールドチェーンインフラの開発を促進するためのさまざまな政府イニシアチブの実施が、市場成長に好影響を与えています。その他、電子商取引業界の著しい成長、消費者の支出能力の増加、国際取引の急速な拡大、ブロックチェーン、自律走行車、ドローンなどの先端技術の導入などが、市場の成長を促進すると予測されます。

主な市場セグメンテーション
IMARC Groupは、世界の生鮮品輸送市場の各セグメントにおける主要動向の分析と、2024年から2032年までの世界、地域、国レベルでの予測を提供しています。当レポートでは、市場をタイプと輸送モードに基づいて分類しています。

タイプ別インサイト

MPS(食肉、鶏肉、魚介類)
乳製品と冷凍デザート
野菜と果物
ベーカリー・菓子

本レポートでは、生鮮品輸送市場をタイプ別に詳細に分類・分析しています。これには、MPS(食肉・鶏肉・魚介類)、乳製品・冷凍デザート、野菜・果物、ベーカリー・菓子類が含まれます。報告書によると、肉、鶏肉、魚介類が最大セグメント。

輸送モードの洞察:

道路
海路
その他

本レポートでは、輸送モードに基づく生鮮品輸送市場の詳細な内訳と分析も提供しています。これには道路、海上、その他が含まれます。報告書によると、道路が最大の市場シェアを占めています。

地域別インサイト

北米
米国
カナダ
欧州
ドイツ
フランス
イギリス
イタリア
スペイン
ロシア
その他
アジア太平洋
中国
日本
インド
韓国
オーストラリア
インドネシア
その他
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
その他
中東・アフリカ

また、北米(米国、カナダ)、欧州(ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、ロシア、その他)、アジア太平洋(中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、インドネシア、その他)、中南米(ブラジル、メキシコ、その他)、中東・アフリカを含む主要地域市場についても包括的に分析しています。報告書によると、アジア太平洋地域は生鮮品輸送の最大市場。アジア太平洋地域の生鮮品輸送市場を牽引している要因としては、加工食品需要の増加、政府の取り組み強化、急速な技術進歩などが挙げられます。

競争環境:
本レポートでは、世界の生鮮品輸送市場における競争環境についても包括的に分析しています。主要企業の詳細プロフィールも掲載しています。対象となる企業には、A.P. Møller – Mærsk A/S、Africa Express Line Limited、Bay & Bay Transportation、C.H. Robinson Worldwide Inc、CMA CGM Group (MERIT France SAS)、DB Schenker、Deutsche Post AG、FST Logistics Inc、Hapag-Lloyd AG、Hellmann Worldwide Logistics SE and Co. KG、K Line Logistics Ltd(川崎汽船株式会社)、Kuehne + Nagel International AG、Orient Overseas Container Line Limited、VersaCold Logistics Servicesなど。なお、本レポートは企業の一部のリストであり、完全なリストは本レポートに記載されています。

本レポートで扱う主な質問
世界の生鮮品輸送市場はこれまでどのように推移してきましたか?
世界の生鮮品輸送市場における促進要因、阻害要因、機会とは?
各駆動要因、阻害要因、機会が世界の生鮮品輸送市場に与える影響は?
主要な地域市場とは?
最も魅力的な生鮮品輸送市場を代表する国は?
タイプ別の市場の内訳は?
生鮮品輸送市場で最も魅力的なタイプは?
輸送モードに基づく市場の内訳は?
生鮮品輸送市場で最も魅力的な輸送モードは?
世界の生鮮品輸送市場の競争構造は?
世界の生鮮品輸送市場における主要プレイヤー/企業は?

❖ レポートの目次 ❖

1 序文
2 調査範囲と方法論
2.1 調査の目的
2.2 ステークホルダー
2.3 データソース
2.3.1 一次情報源
2.3.2 二次情報源
2.4 市場推定
2.4.1 ボトムアップアプローチ
2.4.2 トップダウンアプローチ
2.5 予測方法
3 エグゼクティブ・サマリー
4 はじめに
4.1 概要
4.2 主要産業動向
5 世界の生鮮品輸送市場
5.1 市場概要
5.2 市場パフォーマンス
5.3 COVID-19の影響
5.4 市場予測
6 タイプ別市場
6.1 MPS(食肉、食鳥、魚介類)
6.1.1 市場動向
6.1.2 市場予測
6.2 乳製品・冷凍デザート
6.2.1 市場動向
6.2.2 市場予測
6.3 野菜と果物
6.3.1 市場動向
6.3.2 市場予測
6.4 ベーカリー・菓子
6.4.1 市場動向
6.4.2 市場予測
7 輸送モード別市場内訳
7.1 道路
7.1.1 市場動向
7.1.2 市場予測
7.2 海路
7.2.1 市場動向
7.2.2 市場予測
7.3 その他
7.3.1 市場動向
7.3.2 市場予測
8 地域別市場内訳
8.1 北米
8.1.1 米国
8.1.1.1 市場動向
8.1.1.2 市場予測
8.1.2 カナダ
8.1.2.1 市場動向
8.1.2.2 市場予測
8.2 アジア太平洋
8.2.1 中国
8.2.1.1 市場動向
8.2.1.2 市場予測
8.2.2 日本
8.2.2.1 市場動向
8.2.2.2 市場予測
8.2.3 インド
8.2.3.1 市場動向
8.2.3.2 市場予測
8.2.4 韓国
8.2.4.1 市場動向
8.2.4.2 市場予測
8.2.5 オーストラリア
8.2.5.1 市場動向
8.2.5.2 市場予測
8.2.6 インドネシア
8.2.6.1 市場動向
8.2.6.2 市場予測
8.2.7 その他
8.2.7.1 市場動向
8.2.7.2 市場予測
8.3 欧州
8.3.1 ドイツ
8.3.1.1 市場動向
8.3.1.2 市場予測
8.3.2 フランス
8.3.2.1 市場動向
8.3.2.2 市場予測
8.3.3 イギリス
8.3.3.1 市場動向
8.3.3.2 市場予測
8.3.4 イタリア
8.3.4.1 市場動向
8.3.4.2 市場予測
8.3.5 スペイン
8.3.5.1 市場動向
8.3.5.2 市場予測
8.3.6 ロシア
8.3.6.1 市場動向
8.3.6.2 市場予測
8.3.7 その他
8.3.7.1 市場動向
8.3.7.2 市場予測
8.4 中南米
8.4.1 ブラジル
8.4.1.1 市場動向
8.4.1.2 市場予測
8.4.2 メキシコ
8.4.2.1 市場動向
8.4.2.2 市場予測
8.4.3 その他
8.4.3.1 市場動向
8.4.3.2 市場予測
8.5 中東・アフリカ
8.5.1 市場動向
8.5.2 国別市場内訳
8.5.3 市場予測
9 推進要因、阻害要因、機会
9.1 概要
9.2 推進要因
9.3 阻害要因
9.4 機会
10 バリューチェーン分析
11 ポーターズファイブフォース分析
11.1 概要
11.2 買い手の交渉力
11.3 供給者の交渉力
11.4 競争の程度
11.5 新規参入の脅威
11.6 代替品の脅威
12 価格分析
13 競争環境
13.1 市場構造
13.2 主要プレーヤー
13.3 主要プレーヤーのプロファイル
13.3.1 A.P. Møller – Mærsk A/S
13.3.1.1 会社概要
13.3.1.2 製品ポートフォリオ
13.3.1.3 財務
13.3.1.4 SWOT分析
13.3.2 アフリカ・エクスプレス・ライン・リミテッド
13.3.2.1 会社概要
13.3.2.2 製品ポートフォリオ
13.3.3 ベイ&ベイ運輸
13.3.3.1 会社概要
13.3.3.2 製品ポートフォリオ
13.3.4 C.H.ロビンソン・ワールドワイド・インク
13.3.4.1 会社概要
13.3.4.2 製品ポートフォリオ
13.3.5 CMA CGMグループ(MERIT France SAS)
13.3.5.1 会社概要
13.3.5.2 製品ポートフォリオ
13.3.6 DB シェンカー
13.3.6.1 会社概要
13.3.6.2 製品ポートフォリオ
13.3.7 ドイツポストAG
13.3.7.1 会社概要
13.3.7.2 製品ポートフォリオ
13.3.7.3 財務
13.3.7.4 SWOT分析
13.3.8 FST Logistics Inc
13.3.8.1 会社概要
13.3.8.2 製品ポートフォリオ
13.3.9 ハパックロイドAG
13.3.9.1 会社概要
13.3.9.2 製品ポートフォリオ
13.3.9.3 財務
13.3.9.4 SWOT分析
13.3.10 ヘルマン ワールドワイド ロジスティクス SE and Co. KG
13.3.10.1 会社概要
13.3.10.2 製品ポートフォリオ
13.3.11 K Line Logistics Ltd(川崎汽船株式会社)
13.3.11.1 会社概要
13.3.11.2 製品ポートフォリオ
13.3.12 キューネ+ナーゲルインターナショナルAG
13.3.12.1 会社概要
13.3.12.2 製品ポートフォリオ
13.3.13 オリエント・オーバーシーズ・コンテナ・ライン・リミテッド
13.3.13.1 会社概要
13.3.13.2 製品ポートフォリオ
13.3.14 VersaCold Logistics Services
13.3.14.1 会社概要
13.3.14.2 製品ポートフォリオ
本レポートに掲載されている企業リストは一部です。



❖ 世界の生鮮品輸送市場に関するよくある質問(FAQ) ❖

・生鮮品輸送の世界市場規模は?
→IMARC社は2023年の生鮮品輸送の世界市場規模を191億米ドルと推定しています。

・生鮮品輸送の世界市場予測は?
→IMARC社は2032年の生鮮品輸送の世界市場規模を312億米ドルと予測しています。

・生鮮品輸送市場の成長率は?
→IMARC社は生鮮品輸送の世界市場が2024年~2032年に年平均5.4%成長すると予測しています。

・世界の生鮮品輸送市場における主要企業は?
→IMARC社は「A.P. Møller – Mærsk A/S、Africa Express Line Limited、Bay & Bay Transportation、C.H. Robinson Worldwide Inc、CMA CGM Group (MERIT France SAS)、DB Schenker、Deutsche Post AG、FST Logistics Inc、Hapag-Lloyd AG、Hellmann Worldwide Logistics SE and Co. KG、K Line Logistics Ltd (Kawasaki Kisen Kaisha Ltd)、Kuehne + Nagel International AG、Orient Overseas Container Line Limited、VersaCold Logistics Servicesなど ...」をグローバル生鮮品輸送市場の主要企業として認識しています。

※上記FAQの市場規模、市場予測、成長率、主要企業に関する情報は本レポートの概要を作成した時点での情報であり、納品レポートの情報と少し異なる場合があります。

★調査レポート[生鮮品輸送のグローバル市場(2024~2032):MPS(食肉、家禽類、魚介類)、乳製品・冷凍デザート、野菜・果物、ベーカリー・菓子] (コード:IMARC24MY812)販売に関する免責事項を必ずご確認ください。
★調査レポート[生鮮品輸送のグローバル市場(2024~2032):MPS(食肉、家禽類、魚介類)、乳製品・冷凍デザート、野菜・果物、ベーカリー・菓子]についてメールでお問い合わせ


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆