世界のドローンセンサー市場(~2029年):センサータイプ別、プラットフォーム別(VTOLタイプ、固定翼タイプ、ハイブリッドタイプ)、用途別(ナビゲーション、衝突検出・回避、データ収集、動き検出、電力監視)、エンドユーザー別、地域別

【英語タイトル】Drone Sensor Market by Sensor Type, Platform (VTOL Type, Fixed Wing Type, Hybrid Type), Application (Navigation, Collision Detection & Avoidance, Data Acquisition, Motion Detection, Power Monitoring), End Users and Region - Global Forecast to 2029

MarketsandMarketsが出版した調査資料(SE6471)・商品コード:SE6471
・発行会社(調査会社):MarketsandMarkets
・発行日:2024年5月25日
・ページ数:242
・レポート言語:英語
・レポート形式:PDF
・納品方法:Eメール(受注後24時間以内)
・調査対象地域:グローバル
・産業分野:電子
◆販売価格オプション(消費税別)
Single User(1名様閲覧)USD4,950 ⇒換算¥752,400見積依頼/購入/質問フォーム
Multi User (Five User)USD6,650 ⇒換算¥1,010,800見積依頼/購入/質問フォーム
Corporate License (全社内共有可)USD8,150 ⇒換算¥1,238,800見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明
※お支払金額:換算金額(日本円)+消費税
※納期:即日〜2営業日(3日以上かかる場合は別途表記又はご連絡)
※お支払方法:納品日+5日以内に請求書を発行・送付(請求書発行日より2ヶ月以内に銀行振込、振込先:三菱UFJ銀行/H&Iグローバルリサーチ株式会社、支払期限と方法は調整可能)
❖ レポートの概要 ❖

“ドローンセンサー市場は2024年の14億米ドルから2029年には25億米ドルに成長し、予測期間中のCAGRは12.1%となる見込み”ドローンセンサーの需要は、ペイロード配送のためのドローンの使用の高まりにより増加しています。テクノロジー企業や出荷物流事業者は、ドローンを使用して荷物を配送し、数百マイルの高速道路や送電線を認識し続けたいと考えています。

“2024年から2029年にかけて大きなCAGRで成長するイメージセンサー”
イメージセンサーは、光波の可変減衰を信号に変換します。イメージセンサーは、サーモグラフィ、マルチスペクトル画像の作成、X線用センサーアレイ、その他天文学用の高感度アレイなど、さまざまな目的でドローンのカメラに使用されています。イメージセンサーは、ドローンのナビゲーションとデータ取得において重要な役割を果たし、ドローンが周囲の環境を認識・理解し、画像や動画を撮影し、さまざまな用途に不可欠なデータを収集することを可能にします。

“精密農業産業は、2023年にドローンセンサー市場で2番目に大きな市場規模を占めています。
ドローンは、世界中の精密農業において、作物のライフサイクルを通じて様々な目的を果たす重要な役割を担っています。土壌分析や種まきから最適な収穫タイミングまで、さまざまな作業を支援します。マルチスペクトル、近赤外線(NIR)、LiDARなどのセンサーと高度なカメラシステムを搭載したドローンは、熱およびマルチスペクトルセンシング機能を提供します。これにより、圃場をスキャンし、人間の知覚や基本的な航空画像を超える異常を特定するのに役立ちます。ドローンセンサーによって促進される精密農業技術は、農家が水、肥料、農薬などの投入を最小限に抑えながら、作物の収量を最適化するデータ主導の意思決定を行う際に役立ちます。治療や介入が必要な場所を正確に狙うことで、農家は効率を改善し、無駄を省き、全体的な生産性を高めることができます。

“固定翼プラットフォームタイプは2024年から2029年にかけて最も高いCAGRで成長”
固定翼の商用UAVは、航空機と同様の翼を使用。これらのドローンは、空中でそれ自身を保持するためにではなく、前進するためにのみエネルギーを使用するため、非常に効率的です。固定翼ドローンは、VTOLドローンよりも飛行時間が長く、飛行距離が長く、速度が速い。固定翼ドローンは、より効率的な空気力学、より優れたペイロード容量、および改善された持久力を持っており、複数のオンボードセンサー(マルチスペクトルカメラ、赤外線画像、およびLiDAR)を搭載するために効率的です。固定翼ドローンは、田畑や農場などの広い範囲での空中調査やマッピング用途に使用されます。これらはまた、精密農業アプリケーションのために広く採用されています。

“英国は2029年までに欧州地域で最大のドローンセンサー市場になる見込み”
英国には、新興企業、中小企業、研究機関、多国籍企業からなる活気あるドローン産業のエコシステムがあります。ドローンサービス、ソフトウェア開発、センサー製造における商機が投資と人材を英国に引き付け、ドローンセンサー市場の革新と成長を促進しています。英国民間航空局(CAA)は、重量および/または用途に基づいて、国内での無人航空機の使用を規制しています。現在、政府は、様々な用途における194のUAVの使用に関連する法的問題に起因する不確実性に直面しています。空撮や写真撮影に使用されるドローンの数が増加しているため、英国のメディア&エンターテイメント業界からのドローンの高い需要があります。

主要製品の内訳
二次調査で収集したいくつかのセグメントとサブセグメントの市場規模を決定・検証するため、ドローンセンサー市場分野の主要な業界専門家に広範な一次インタビューを実施しました。ドローンセンサー市場の主要参入企業の内訳は以下の通り:
– 企業タイプ別 ティア1:18%、ティア2:22%、ティア3:60
– 役職別 Cレベル幹部:21%、取締役:35%、その他:44
– 地域別 北米 – 45%、ヨーロッパ – 38%、アジア太平洋地域 – 12%、その他の地域 – 5

主要プレイヤー:TE Connectivity(米国)、Drone Nerds Enterprise(米国)、RTX(米国)、Trimble Inc.(米国)、InvenSense(米国)、Bosch Sensortec GmbH(ドイツ)、Sparton(米国)、ams-OSRAM AG(オーストリア)、Teledyne FLIR LLC. (米国)、Hottinger Brüel & Kjær(HBK)(デンマーク)、LeddarTech(カナダ)、YOST LABS(米国)、SBG SYSTEMS(フランス)、Velodyne Lidar Inc.(米国)、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社(日本)、QuestUAV(英国)、Sensirion AG(スイス)、Aerotenna(米国)、Swift Navigation Inc. (米国)、Unmanned Experts Inc.(米国)、Dynetics, Inc.(米国)、Kespry(米国)、GRIFFON AEROSPACE(米国)、MICRODRONES(ドイツ)、Autel Robotics(米国)

調査範囲
市場成長を促進する促進要因、阻害要因、課題、機会などの主要要因に関する詳細情報を記載しています。また、技術動向、取引データ、特許分析についても詳述しています。この調査レポートは、センサタイプ、アプリケーション、プラットフォームタイプ、エンドユーザー産業、地域に基づいてドローンセンサ市場を分類しています。主要企業の詳細な分析には、事業概要、提供製品、新製品の発表、取引(買収、提携、契約)、その他(事業拡大)などの重要な戦略、ドローンセンサー市場への不況の影響に関する洞察が含まれます。

本レポートを購入する理由
本レポートは、ドローンセンサー市場とそのサブセグメントに関する正確な収益予測を関係者に提供することを目的としています。競争環境に関する洞察を提供することで、関係者はより深い理解を得ることができ、効果的な市場参入戦略を策定し、自社のビジネスを戦略的に位置づけることができます。さらに、主要な促進要因、阻害要因、機会、課題を概説することで、関係者が市場ダイナミクスを把握できるように支援し、それによって、情報に基づいた意思決定と市場動向のより深い理解を可能にします。

本レポートは以下のような洞察を提供します:
– 主な促進要因(農業分野におけるドローン需要の増加)、阻害要因(ドローンの改ざん/ハッキング)、機会(ドローン、UAV、関連技術の開発における資金調達の増加)、課題(ドローン産業に関連する不透明な政府法)の分析。
– 製品開発/イノベーション: ドローンセンサー市場における成長技術、研究開発活動、新製品・新サービスの立ち上げに関する詳細な洞察。
– 市場開発: 隣接市場に関する包括的な情報:当レポートでは、様々な地域のドローンセンサー市場を分析しています。
– 市場の多様化: 市場における主要製品、地域、最近の開発、投資に関する詳細情報。
– 競合評価: ドローンセンサー市場における主要企業であるTE Connectivity社(米国)、Drone Nerds Enterprise社(米国)、RTX社(米国)、Trimble Inc.社(米国)、InvenSense社(米国)、Bosch Sensortec GmbH社(ドイツ)などの市場シェア、成長戦略、サービス、提供物などを網羅的に評価。

❖ レポートの目次 ❖

1 はじめに
1.1 調査目的
1.2 市場の定義
1.3 調査範囲 34
1.3.1 対象市場 34
図 1 ドローンセンサー市場の区分 34
1.3.2 地域範囲 35
1.3.3 対象年数 35
1.3.4 包含と除外 36
1.4 対象通貨 36
1.5 対象単位 36
1.6 利害関係者 36
1.7 変更の概要 37
1.8 制限事項 37
1.9 景気後退の影響 37
2 調査方法 38
2.1 調査データ 38
図 2 ドローンセンサー市場の推定:プロセスの流れ 38
図 3 調査デザイン 39
2.1.1 二次調査および一次調査 40
2.1.1.1 主要な業界インサイト 41
2.1.2 二次データ 41
2.1.2.1 主要な二次情報源のリスト 41
2.1.2.2 二次情報源の主要データ 42
2.1.3 一次データ 42
2.1.3.1 一次データの内訳 42
2.1.3.2 一次情報源の主要データ 43
2.2 市場規模の推定 43
2.2.1 ボトムアップアプローチ 44
2.2.1.1 ボトムアップ分析(需要側)による市場規模導出のアプローチ 44
図 4 市場規模推定手法:ボトムアップアプローチ 44
2.2.2 トップダウンアプローチ 44
2.2.2.1 トップダウン分析による市場規模導出のアプローチ(供給側) 44
図 5 市場規模推定手法:トップダウンアプローチ 44
2.3 データの三角測量 45
図 6 データの三角測量 45
2.4 リサーチの前提 46
2.5 調査の限界 46
2.6 リスク評価 47
2.7 景気後退がドローンセンサー市場に与える影響を分析するアプローチ 47
3 エグゼクティブサマリー 48
図 7 2029 年には速度・距離センサー分野がドローンセンサー市場で最大シェアを占める 49
図 8 2029 年には VTOL 分野がドローンセンサー市場で最大シェアを占める 50
図9 2029年にドローンセンサー市場で防衛分野が最大シェアを占める 50
図 10 データ収集分野が予測期間中に最も高い CAGR を記録 51
図 11 アジア太平洋地域のドローンセンサー市場は予測期間中に最も高い CAGR を記録 52
4 プレミアムインサイト 53
4.1 ドローンセンサー市場におけるプレーヤーにとっての魅力的な機会 53
図 12 ドローンの技術的進歩、防衛や精密農業のエンドユーザー産業での使用増加により、市場プレイヤーに有利な機会が生まれる 53
4.2 ドローンセンサー市場、センサータイプ別 54
図 13 速度・距離センサー分野が 2029 年に最大の市場シェアを占める 54
4.3 アジア太平洋地域のドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、国別 55
図 14 2023 年には、VTOL セグメントと中国がアジア太平洋地域のドローンセンサー市場で最大シェアを占める 55
4.4 ドローンセンサー市場、用途別 55
図 15 2029 年にはデータ収集分野が最大シェアを占める 55
4.5 ドローンセンサー市場:エンドユーザー別 56
図 16 2029 年には防衛分野が最大の市場シェアを占める 56
4.6 ドローンセンサー市場:国別 57
図 17 インドが予測期間中に最も高い CAGR を記録 57
5 市場の概要
5.1 導入 58
5.2 市場ダイナミクス 58
図 18 ドローンセンサー市場:促進要因、阻害要因、機会、課題 58
5.2.1 ドライバー 59
図 19 ドローンセンサー市場:推進要因とその影響 59
5.2.1.1 高解像度イメージングと正確な位置測定のニーズの高まり 59
5.2.1.2 農業分野でのドローン需要の増加 59
5.2.1.3 ドローンへの安全機能の搭載 60
5.2.1.4 ペイロード配送におけるドローンやUAVの利用の増加 60
5.2.2 抑制要因 61
図20 ドローンセンサー市場:阻害要因とその影響 61
5.2.2.1 ドローンの改ざん/ハッキング 61
5.2.3 機会
図 21 ドローンセンサー市場:機会とその影響 61
5.2.3.1 ドローン、UAV、関連技術の開発資金の増加 61
5.2.4 課題 62
図22 ドローンセンサー市場:課題とその影響 62
5.2.4.1 ドローン産業に関連する不透明な政府法 62
5.3 顧客のビジネスに影響を与えるトレンド/混乱 63
図 23 顧客のビジネスに影響を与えるトレンド/混乱 63
5.4 価格分析 63
5.4.1 センサータイプ別の平均販売価格(ASP)動向 63
表1 ドローン用センサーの平均販売価格(ASP)動向(センサータイプ別、2020~2029年)(米ドル) 63
図24 ドローン用センサーのセンサータイプ別平均販売価格(ASP)動向、2020-2029年(米ドル) 64
5.4.2 主要プレイヤーの平均販売価格(ASP)動向(エンドユーザー産業別) 65
図25 主要プレーヤーが提供するドローンのエンドユーザー産業別平均販売価格(ASP)推移(米ドル) 65
5.5 運用データ 65
図26 消費者向けドローンの出荷台数、2020年~2029年(百万台) 65
5.6 バリューチェーン分析 66
図27 ドローンセンサー市場:バリューチェーン分析 66
5.7 エコシステム分析 67
図28 ドローンセンサーのエコシステムにおける主要プレイヤー 67
表2 ドローンセンサーエコシステムにおける各社の役割 68
5.8 投資・資金調達シナリオ 69
図 29 ドローン関連新興企業のエクイティ資金調達額(2023 年)(百万米ドル) 69
5.9 技術分析 69
5.9.1 主要技術 69
5.9.1.1 RF通信 69
5.9.2 補完的技術 69
5.9.2.1 衛星通信 69
5.9.3 隣接技術 70
5.9.3.1 Wi-Fi 70
5.10 技術ロードマップ 70
図 30 ドローン技術の成熟段階 70
5.11 特許分析 70
表3 ドローンのセンサーに関する特許登録件数(2020~2024年) 71
図 31 過去 10 年で特許出願件数の多い企業(2014~2024 年) 72
図 32 年間付与特許数(2014~2024 年) 73
表4 過去10年間の特許所有者上位20社(2014~2024年) 73
5.12 貿易分析 74
5.12.1 輸入シナリオ(HSコード8806) 74
図33 HSコード8806対応製品の国別輸入データ(2022~2023年)(千米ドル) 74
5.12.2 輸出シナリオ(HSコード8806) 75
図 34 HSコード8806対応製品の輸出データ(国別、2022~2023 年)(千米ドル) 75
5.13 主要会議・イベント(2024~2025 年) 76
表 5 ドローンセンサー市場:主要会議・イベント(2024~2025 年) 76
5.14 ケーススタディ分析 77
5.14.1 タタパワー、インド、オディシャ州のディスコムにおける資産のGISマッピングにドローンを使用 77
5.14.2 Lancaster farming は、マルチスペクトルセンサーを搭載した precisionhawk ドローンを使用して、作物の健康状態と収量を監視 77
5.14.3 FLIR は捜索救助活動に使用されるドローンに赤外線画像センサーを提供 78
5.15 規制の状況 78
5.15.1 規制機関、政府機関、その他の組織 78
表 6 北米:規制機関、政府機関、その他の組織 78
表7 欧州:規制機関、政府機関、その他の組織 79
表8 アジア太平洋地域:規制機関、政府機関、その他の団体 79
表9 中東:規制機関、政府機関、その他の団体 80
5.16 ポーターのファイブフォース分析 80
表 10 ドローンセンサー市場:ポーターの 5 つの力分析 80
図 35 ポーターの 5 つの力分析 81
5.16.1 競合ライバルの激しさ 81
5.16.2 サプライヤーの交渉力 81
5.16.3 買い手の交渉力 81
5.16.4 代替品の脅威 82
5.16.5 新規参入の脅威 82
5.17 主要ステークホルダーと購買基準 82
5.17.1 購入プロセスにおける主要ステークホルダー 82
図36 上位3つのエンドユーザー産業の購買プロセスにおける関係者の影響 82
表11 上位3産業の購買プロセスにおけるステークホルダーの影響度(%) 83
5.17.2 購入基準
図 37 上位 3 エンドユーザー産業の主な購買基準 83
表 12 上位 3 エンドユーザー産業の主な購買基準 83
5.18 ドローンセンサー市場の技術動向 84
5.19 メガトレンドの影響 84
5.20 ドローンの技術仕様 85
表 13 サイズ、重量、積載量別のドローンの技術仕様 85
5.21 ドローンのセンサー技術分析 85
6 ドローンセンサー市場、センサータイプ別 86
6.1 はじめに 87
図 38 速度・距離センサー分野が 2029 年に最大の市場シェアを占める 87
表 14 ドローンセンサー市場、センサータイプ別、2020 年~2023 年(百万米ドル) 88
表 15 ドローンセンサー市場:センサータイプ別、2024~2029 年(百万米ドル) 88
表16 ドローンセンサー市場:センサータイプ別、2020年~2023年(百万台) 89
表 17 ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2024~2029 年(百万個) 89
6.2 慣性センサー 90
6.2.1 操縦の重要性と安定飛行を可能にする能力が需要を牽引 90
表 18 慣性センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2020~2023 年(百万米ドル) 90
表 19 慣性センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2024~2029 年(百万米ドル) 90
6.2.1.1 加速度センサー 91
6.2.1.2 ジャイロスコープ 91
6.2.1.3 磁力計 91
6.2.1.4 傾斜計 92
6.3 イメージ・センサ 92
6.3.1 低価格の消費者向けドローンでの使用の増加が市場を牽引 92
表 20 イメージセンサー:ドローン用センサー市場、用途別、2020~2023 年(百万米ドル) 93
表 21 イメージセンサー:ドローン用センサー市場、用途別、2024~2029 年(百万米ドル) 93
6.3.1.1 赤外線 94
6.3.1.2 サーマル 94
6.3.1.3 マルチスペクトル 95
6.3.1.4 3D画像 95
6.4 速度・距離センサー 96
6.4.1 環境に関する詳細情報を収集し、測量用の3D地形図を作成する用途が増加し、市場成長を促進 96
表 22 速度・距離センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2020~2023 年(百万米ドル) 96
表 23 速度・距離センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2024~2029 年(百万米ドル) 96
6.4.1.1 レーダー 97
6.4.1.2 LiDAR 97
6.4.1.3 近接 98
6.5 位置センサー 98
6.5.1 需要を喚起するために、より良い位置と正確な位置マッピングを実行する能力 98
表 24 ポジションセンサー:ドローン用センサー市場、用途別、2020~2023 年(百万米ドル) 98
表 25 ポジションセンサー:ドローン用センサー市場、用途別、2024~2029 年(百万米ドル) 98
6.5.1.1 全地球測位システム(GPS) 98
6.5.1.2 全地球航法衛星システム(GNSS) 99
6.6 圧力センサー
6.6.1 飛行安定性と着陸精度の向上に不可欠な高度データを提供する機能が需要を牽引 99
表 26 圧力センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2020 年~2023 年(百万米ドル) 99
表 27 圧力センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2024~2029 年(百万米ドル) 99
6.6.1.1 気圧 100
6.6.1.2 差動 100
6.7 電流センサー 100
6.7.1 ドローンの現在の使用状況を監視し、安全な帰還を確保する能力が需要を牽引 100
表 28 電流センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2020~2023 年(百万米ドル) 100
表 29 電流センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2024~2029 年(百万米ドル) 101
6.8 超音波センサー 101
6.8.1 複雑な環境での衝突回避の可能性が市場を牽引 101
表 30 超音波センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2020~2023 年(百万米ドル) 101
表 31 超音波センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2024~2029 年(百万米ドル) 102
6.9 光センサー 102
6.9.1 倉庫などの屋内ユニットでの用途拡大が市場成長を促進 102
表 32 光センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2020~2023 年(百万米ドル) 102
表33 光センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2024~2029年(百万米ドル) 102
6.10 高度計センサー 103
6.10.1 測量、地図作成、精密農業の用途が市場を牽引 103
表 34 高度計センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2020~2023 年(百万米ドル) 103
表 35 高度計センサー:ドローン用センサー市場、用途別、2024~2029 年(百万米ドル) 103
6.11 フローセンサー 104
6.11.1 ドローンの動力源として使用される小型ガスエンジンの監視用途が増加し、市場成長を促進 104
表 36 フローセンサー:ドローン用センサー市場、用途別、2020~2023 年(百万米ドル) 104
表 37 フローセンサー:ドローン用センサー市場、用途別、2024~2029 年(百万米ドル) 104
6.12 その他のセンサータイプ 105
表 38 その他のセンサータイプ:ドローンセンサー市場、用途別、2020~2023 年(百万米ドル) 106
表 39 その他のセンサータイプ:ドローン用センサー市場、用途別、2024~2029 年(百万米ドル) 106
6.12.1 フーリエ変換赤外(FTIR)分光法 106
6.12.2 赤外線ラインスキャナー 106
6.12.3 ガスイメージング 107
7 ドローンセンサー市場、用途別 108
7.1 はじめに 109
図 39 2024 年にはデータ収集分野が最大の市場シェアを占める 109
表 40 ドローンセンサー市場、用途別、2020~2023 年(百万米ドル) 109
表 41 ドローンセンサー市場:用途別、2024~2029 年(百万米ドル) 110
7.2 ナビゲーション 110
7.2.1 ナビゲーションとリアルタイムデータ収集のための加速度計、日射計、地磁気計、傾斜ドローンセンサの採用拡大が市場を牽引 110
表42 ナビゲーション:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2020年~2023年(百万米ドル) 110
表43 ナビゲーション:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2024~2029年(百万米ドル) 111
7.3 衝突検知・回避 111
7.3.1 衝突を回避し、信頼性の高いドローン運用を確保するために、様々なセンサーを組み合わせて使用するケースが増加し、市場を牽引 111
7.3.1.1 センサーフュージョン 112
7.3.1.2 障害物回避アルゴリズム 112
7.3.1.3 スラム技術 112
表 44 衝突検知・回避:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2020~2023 年(百万米ドル) 112
表 45 衝突検知・回避:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2024~2029 年(百万米ドル) 112
7.4 データ収集 113
7.4.1 意思決定の改善、プロセスの最適化、貴重な洞察を得るためのデータ需要が急増 113
表 46 データ収集:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2020~2023 年(百万米ドル) 113
表 47 データ収集:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2024~2029 年(百万米ドル) 114
7.5 動体検知 114
7.5.1 セキュリティ・監視業界での用途拡大が市場を牽引 114
表 48 動体検知:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2020~2023 年(百万米ドル) 114
表 49 動体検知:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2024~2029 年(百万米ドル) 115
7.6 気圧測定 115
7.6.1 様々な用途における安定性、正確性、自律性を備えたドローンへの需要の高まりが市場を牽引 115
表 50 気圧測定:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2020~2023 年(百万米ドル) 115
表 51 気圧測定:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2024~2029 年(百万米ドル) 115
7.6.1.1 高度計算 116
7.6.1.2 対気速度計測 116
7.7 電力モニタリング 116
7.7.1 長距離・長時間のドローン飛行ニーズの高まりが市場を牽引 116
表 52 電力モニタリング:ドローンセンサー市場、センサータイプ別、2020~2023 年(百万米ドル) 116
表 53 電力モニタリング:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2024~2029 年(百万米ドル) 117
7.8 その他の用途 117
表 54 その他の用途:ドローン用センサー市場:センサータイプ別、2020~2023 年(百万米ドル) 117
表 55 その他の用途:ドローンセンサー市場、センサータイプ別、2024~2029 年(百万米ドル) 117
8 ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別 119
8.1 はじめに 120
図 40 予測期間中に最も高い CAGR を記録するのは固定翼セグメント 120
表 56 ドローンセンサー市場、プラットフォームタイプ別、2020 年~2023 年(百万米ドル) 120
表 57 ドローンセンサー市場、プラットフォームタイプ別、2024-2029 年(百万米ドル) 120
表58 ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2020年~2023年(百万台) 121
表59 ドローンセンサー市場、プラットフォームタイプ別、2024年〜2029年(百万台) 121
8.2 垂直離着陸(VTOL) 121
8.2.1 困難な地形での航行能力と捜索・救助活動中の空中視界が需要を牽引 121
表60 VTOL:ドローンセンサー市場、地域別、2020年~2023年(百万米ドル) 122
表 61:VTOL:ドローンセンサー市場、地域別、2024~2029 年(百万米ドル) 122
8.3 固定翼 122
8.3.1 精密農業用途での利用拡大が市場を牽引 122
表62 固定翼:ドローンセンサー市場、地域別、2020年~2023年(百万米ドル) 123
表63 固定翼:ドローンセンサー市場、地域別、2024~2029年(百万米ドル) 123
8.4 ハイブリッド 123
8.4.1 飛行時間の延長機能が需要を牽引 123
表64 ハイブリッド:ドローンセンサー市場、地域別、2020年~2023年(百万米ドル) 124
表 65:ハイブリッド:ドローンセンサー市場、地域別、2024~2029 年(百万米ドル) 124
9 ドローンセンサー市場:エンドユーザー産業別 125
9.1 はじめに 126
図 41 2024 年には防衛分野がドローンセンサー市場で最大シェアを占める 126
表 66 ドローンセンサー市場:エンドユーザー産業別 2020-2023 (百万米ドル) 127
表67 ドローンセンサー市場:エンドユーザー産業別、2024年~2029年(百万米ドル) 127
表 68 ドローンセンサー市場:エンドユーザー産業別、2020年~2023年(百万台) 128
表69 ドローンセンサー市場:エンドユーザー産業別、2024年~2029年(百万台) 128
9.2 メディア&エンターテインメント 128
9.2.1 ライブパフォーマンスと体験型マーケティングのトレンドが市場を牽引 128
表 70 メディア&エンターテインメント:ドローンセンサー市場、センサータイプ別、2020 年~2023 年(百万米ドル) 129
表 71 メディア&エンターテインメント:ドローンセンサー市場、センサータイプ別、2024-2029 年(百万米ドル) 130
9.3 エネルギー&公益事業 130
9.3.1 監視・点検ニーズの高まりが需要を牽引 130
表 72 エネルギー・公益事業:ドローンセンサー市場、センサータイプ別、2020~2023 年(百万米ドル) 131
表73 エネルギー&公益事業:ドローンセンサー市場:センサータイプ別、2024年~2029年(百万米ドル) 131
9.4 精密農業 132
9.4.1 ドローンへの高度なセンサーと画像技術の統合が需要を促進 132
表 74 精密農業:ドローンセンサー市場、センサータイプ別、2020~2023 年(百万米ドル) 133
表 75 精密農業:ドローンセンサー市場:センサータイプ別、2024年~2029年(百万米ドル) 133
表 76 精密農業:ドローンセンサー市場:用途別 2020-2023 (百万米ドル) 134
表77 精密農業:ドローンセンサー市場、用途別、2024年~2029年(百万米ドル) 134
9.5 消費者 134
9.5.1 ドローンに関する厳しい規制の緩和とドローン技術の進歩が市場を牽引 134
表 78:消費者向け:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2020~2023 年(百万米ドル) 135
表79 消費者向け:ドローンセンサー市場、センサータイプ別、2024年~2029年(百万米ドル) 135
9.6 防衛 136
9.6.1 費用対効果の高い防衛システムへのニーズの高まりと戦争技術の進化が需要を牽引 136
表 80:防衛:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2020~2023 年(百万米ドル) 136
表 81 防衛:ドローンセンサー市場、センサータイプ別、2024~2029 年(百万米ドル) 137
9.7 法執行 137
9.7.1 高度なUAVドローン需要の増加が市場を牽引 137
表 82 法執行機関:ドローンセンサー市場、センサータイプ別、2020~2023 年(百万米ドル) 138
表 83 法執行機関:ドローンセンサー市場、センサータイプ別、2024~2029 年(百万米ドル) 138
9.8 セキュリティと監視 139
9.8.1 セキュリティ対策の強化とリアルタイム監視のニーズの高まりが市場を牽引 139
表 84 セキュリティ&監視:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2020 年~2023 年(百万米ドル) 139
表85 セキュリティ&監視:ドローン用センサー市場、センサータイプ別、2024年~2029年(百万米ドル) 140
9.9 その他のエンドユーザー産業 140
表 86 その他のエンドユーザー産業:ドローン用センサー市場:センサータイプ別、2020年~2023年(百万米ドル) 141
表 87 その他のエンドユーザー産業:ドローンセンサー市場、センサータイプ別、2024~2029 年(百万米ドル) 141
10 ドローンセンサー市場、地域別 142
10.1 はじめに 143
図 42 インドのドローンセンサー市場は予測期間中に最も高い CAGR を記録 143
図 43 北米が 2024 年にドローンセンサー市場で最大シェアを占める 144
表 88 ドローンセンサー市場、地域別、2020~2023 年(百万米ドル) 144
表 89 ドローンセンサー市場、地域別、2024~2029 年(百万米ドル) 144
10.2 北米 145
10.2.1 ペステル分析:北米 145
図 44 北米:ドローンセンサー市場のスナップショット 147
表 90 北米:ドローンセンサー市場:エンドユーザー産業別 2020~2023 (百万米ドル) 147
表 91 北米:ドローンセンサー市場:エンドユーザー産業別 2024-2029 (百万米ドル) 148
表92 北米:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2020年~2023年(百万米ドル) 148
表93 北米:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024~2029年(百万米ドル) 148
表94 北米:ドローンセンサー市場:国別、2020年~2023年(百万米ドル) 149
表 95 北米:ドローンセンサー市場:国別、2024~2029 年(百万米ドル) 149
10.2.2 米国 149
10.2.2.1 新兵器システムとプラットフォームの開発投資の増加が市場を牽引 149
表 96 米国:ドローン用センサー市場、プラットフォームタイプ別、2020~2023 年(百万米ドル) 150
表 97 米国:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024~2029 年(百万米ドル) 150
10.2.3 カナダ 150
10.2.3.1 厳しい政府規制とエネルギー分野の継続的発展が市場成長を促進 150
表 98 カナダ:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別 2020-2023 (百万米ドル) 151
表99 カナダ:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024年~2029年(百万米ドル) 151
10.2.4 メキシコ 151
10.2.4.1 国境警備での用途拡大が市場を牽引 151
表100 メキシコ:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2020~2023年(百万米ドル) 151
表101 メキシコ:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024~2029年(百万米ドル) 152
10.2.5 北米における景気後退がドローンセンサー市場に与える影響 152
10.3 欧州 152
10.3.1 ペステル分析:欧州 152
図 45 欧州.ドローンセンサー市場のスナップショット 154
表 102 欧州: ドローンセンサー市場、エンドユーザー産業別、2020年~2023年(百万米ドル) 155
表 103 欧州:ドローンセンサー市場 ドローンセンサー市場:エンドユーザー産業別、2024年~2029年(百万米ドル) 155
表 104 欧州: ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2020年~2023年(百万米ドル) 155
表 105 欧州: ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024年~2029年(百万米ドル) 156
表 106 欧州: ドローンセンサー市場:国別、2020年~2023年(百万米ドル) 156
表 107 欧州: ドローンセンサー市場:国別、2024年~2029年(百万米ドル) 156
10.3.2 フランス 157
10.3.2.1 国境を越えたセキュリティ強化と監視・諜報部隊の強化に向けた政府主導の取り組みが市場成長を後押し 157
表108 フランス:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別 2020~2023 (百万米ドル) 157
表 109 フランス:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024~2029 年(百万米ドル) 157
10.3.3 イギリス 158
10.3.3.1 ドローン技術の技術進歩が需要を牽引 158
表 110 英国: ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2020~2023年(百万米ドル) 158
表111 英国: ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024年~2029年(百万米ドル) 158
10.3.4 ドイツ 158
10.3.4.1 防衛分野でのドローン採用の増加が市場を牽引 158
表 112 ドイツ:ドローンセンサー市場、プラットフォームタイプ別、2020~2023 年(百万米ドル) 159
表113 ドイツ:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024~2029年(百万米ドル) 159
10.3.5 イタリア 159
10.3.5.1 超高速配送へのドローン利用の増加が市場を牽引 159
表114 イタリア:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別 2020~2023 (百万米ドル) 160
表115 イタリア:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024~2029年(百万米ドル) 160
10.3.6 ロシア 160
10.3.6.1 国防支出の増加が需要を押し上げる 160
表116 ロシア:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別 2020~2023 (百万米ドル) 160
表117 ロシア:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別 2024-2029 (百万米ドル) 161
10.3.7 その他の欧州 161
表 118 欧州のその他地域 ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2020年~2023年(百万米ドル) 161
表 119 欧州のその他地域 ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024年~2029年(百万米ドル) 161
10.3.8 欧州のドローンセンサー市場に対する景気後退の影響 161
10.4 アジア太平洋地域 162
10.4.1 ペッスル分析:アジア太平洋地域 162
図 46 アジア太平洋地域:ドローンセンサー市場スナップショット 164
表 120 アジア太平洋地域:ドローンセンサー市場:エンドユーザー産業別 2020-2023 (百万米ドル) 165
表121 アジア太平洋地域:ドローンセンサー市場:エンドユーザー産業別 2024年~2029年(百万米ドル) 165
表122 アジア太平洋地域:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2020年~2023年(百万米ドル) 166
表123 アジア太平洋地域:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024年~2029年(百万米ドル) 166
表124 アジア太平洋地域:ドローンセンサー市場:国別、2020年~2023年(百万米ドル) 166
表125 アジア太平洋地域:ドローンセンサー市場:国別、2024年~2029年(百万米ドル) 167
10.4.2 中国 167
10.4.2.1 活況を呈するドローン産業が市場を牽引 167
表126 中国:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2020年~2023年(百万米ドル) 168
表127 中国:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024年~2029年(百万米ドル) 168
10.4.3 日本 168
10.4.3.1 荷物配送用途の増加が市場を牽引 168
表128 日本:ドローンセンサー市場、プラットフォームタイプ別、2020年~2023年(百万米ドル) 169
表129 日本:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ、2024年~2029年(百万米ドル) 169
10.4.4 インド 169
10.4.4.1 ドローンアプリケーションのフレームワーク開発への一貫した取り組みが市場を牽引 169
表 130 インド: ドローン用センサー市場、プラットフォームタイプ別、2020年~2023年(百万米ドル) 170
表 131 インド: ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024年~2029年(百万米ドル) 170
10.4.5 韓国 170
10.4.5.1 研究開発資金の増加とドローンテストベッド基盤の整備が市場を牽引 170
表 132 韓国:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別 2020-2023 (百万米ドル) 171
表 133 韓国:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別 2024-2029 (百万米ドル) 171
10.4.6 オーストラリア 171
10.4.6.1 ドローンの商業用途の増加が市場成長を促進 171
表 134 オーストラリア:ドローン用センサー市場:プラットフォームタイプ別 2020~2023 (百万米ドル) 172
表135 オーストラリア:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024年~2029年(百万米ドル) 172
10.4.7 その他のアジア太平洋地域 172
表136 その他のアジア太平洋地域:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2020年~2023年(百万米ドル) 172
表137 その他のアジア太平洋地域:ドローンセンサー市場:プラットフォームタイプ別、2024年~2029年(百万米ドル) 173
10.4.8 アジア太平洋地域のドローンセンサー市場に対する景気後退の影響 173
10.5 ROW 173
10.5.1 ペステル分析: ROW …



❖ 世界のドローンセンサー市場に関するよくある質問(FAQ) ❖

・ドローンセンサーの世界市場規模は?
→MarketsandMarkets社は2024年のドローンセンサーの世界市場規模を14億米ドルと推定しています。

・ドローンセンサーの世界市場予測は?
→MarketsandMarkets社は2029年のドローンセンサーの世界市場規模を25億米ドルと予測しています。

・ドローンセンサー市場の成長率は?
→MarketsandMarkets社はドローンセンサーの世界市場が2024年~2029年に年平均12.1%成長すると予測しています。

・世界のドローンセンサー市場における主要企業は?
→MarketsandMarkets社は「TE Connectivity(米国)、Drone Nerds Enterprise(米国)、RTX(米国)、Trimble Inc.(米国)、InvenSense(米国)、Bosch Sensortec GmbH(ドイツ)、Sparton(米国)、ams-OSRAM AG(オーストリア)、Teledyne FLIR LLC. (米国)、Hottinger Brüel & Kjær(HBK)(デンマーク)、LeddarTech(カナダ)、YOST LABS(米国)、SBG SYSTEMS(フランス)、Velodyne Lidar Inc.(米国)、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社(日本)、QuestUAV(英国)、Sensirion AG(スイス)、Aerotenna(米国)、Swift Navigation Inc. (米国)、Unmanned Experts Inc.(米国)、Dynetics, Inc.(米国)、Kespry(米国)、GRIFFON AEROSPACE(米国)、MICRODRONES(ドイツ)、Autel Robotics(米国)など ...」をグローバルドローンセンサー市場の主要企業として認識しています。

※上記FAQの市場規模、市場予測、成長率、主要企業に関する情報は本レポートの概要を作成した時点での情報であり、納品レポートの情報と少し異なる場合があります。

★調査レポート[世界のドローンセンサー市場(~2029年):センサータイプ別、プラットフォーム別(VTOLタイプ、固定翼タイプ、ハイブリッドタイプ)、用途別(ナビゲーション、衝突検出・回避、データ収集、動き検出、電力監視)、エンドユーザー別、地域別] (コード:SE6471)販売に関する免責事項を必ずご確認ください。
★調査レポート[世界のドローンセンサー市場(~2029年):センサータイプ別、プラットフォーム別(VTOLタイプ、固定翼タイプ、ハイブリッドタイプ)、用途別(ナビゲーション、衝突検出・回避、データ収集、動き検出、電力監視)、エンドユーザー別、地域別]についてメールでお問い合わせ


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆