市場インサイト-世界の建設市場におけるビルディング インフォメーション モデリング(BIM)

◆英語タイトル:Market Insight - Building Information Modeling (BIM) in the Global Construction Market
◆商品コード:CN0002MI
◆発行会社(調査会社):Timetric
◆発行日:2016年6月30日
◆ページ数:20
◆レポート言語:英語
◆レポート形式:PDF
◆納品方法:Eメール
◆調査対象地域:グローバル
◆産業分野:建設
◆販売価格オプション(消費税別)
Single UserUSD3,950 ⇒換算¥450,300見積依頼/購入/質問フォーム
Site Price(同一国内共有可)USD7,900 ⇒換算¥900,600見積依頼/購入/質問フォーム
Enterprise Price(複数国内共有可)USD11,850 ⇒換算¥1,350,900見積依頼/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらでご利用ガイドはこちらでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※本体価格が¥30,000未満のレポートにつきましては、ハンドリングチャージ¥5,000が別途かかります。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行し、お客様宛に郵送いたしますので、請求書発行日より2ヶ月以内に銀行振込にて支払をお願いします。(支払期限と方法は調整可能、振込先:三菱東京UFJ銀行/京橋支店/H&Iグローバルリサーチ株式会社)
※レポート購入後、該当レポートに記載の英語表現や単語の意味に関しましては無料でお答えいたします。(但し、対応範囲は弊社で判断)
※上記の日本語題名はH&Iグローバルリサーチが翻訳したものです。英語版原本には日本語表記はありません。
※為替レートは適宜修正・更新しております。リアルタイム更新ではありません。
※弊社H&Iグローバルリサーチ株式会社はTimetric社の日本における正規販売代理店です。Timetric社の概要及び新刊レポートはこちらでご確認いただけます。



【レポートの概要】

In the second quarter of 2016 Timetric surveyed over 100 organizations involved in construction projects, including contractors, surveyors, civil engineers and architects, to obtain an understanding of the state of BIM uptake in the global market, and its perceived value, future and effect on return on investment (ROI).
The results of this survey show that BIM implementation is on the to-do list for many companies but has not yet achieve widespread use.

According to survey results, 41% of respondents do not currently use BIM, 29% do, and 20% are piloting the system, with 10% planning to use it within the next 12 months.

The general assessment from respondents was that BIM is going to be the future of the building information industry.


The report provides detailed market analysis based on a survey of project owners, main contractors, architects and others involved in the construction projects market worldwide to assess the value, key drivers and barriers to implementing BIM and to assess the levels of BIM used currently and likely to be used in the future.

【レポートの目次】

1. EXECUTIVE SUMMARY
2. KEY FINDINGS
3. BIM USE
3.1. BIM use to Rise
3.2. Clear Progress to Higher Levels
3.3. Expenditure on BIM to pick up
4. BENEFITS AND THE RETURN ON INVESTMENT
4.1. BIM Provides Cost savings and Operational Efficiencies
4.2. Key Benefits Include a Reduction in Errors and Omissions
4.3. High Expectations Regarding Positive Impact on Profits
4.4. Faster Project Delivery
4.5. Most Value Derived at the Design Development Stage
4.6. Need for Improvement in Interoperability
5. BARRIERS TO IMPLEMENTATION
5.1. Lack of Understanding and Awareness
6. COST SAVINGS AND FEES
6.1. Cost-Saving Targets are Low
6.2. Few Charge Additional Fees
7. CONCLUSIONS
8. APPENDIX
8.1. Further Information
8.2. Disclaimer

Table 1: Current status of BIM use

Figure 1: General views on BIM
Figure 2: Percentage of projects that currently use BIM
Figure 3: Percentage of projects on which BIM will be used in 2020
Figure 4: BIM levels currently used
Figure 5: BIM levels used over the next 2 years
Figure 6: BIM levels used over the next 3–5 years
Figure 7: Changes in organizations’ expenditure on BIM over the next 12 months
Figure 8: Factors influencing decisions to implement BIM – for respondents using BIM or planning to use BIM within 1 year
Figure 9: Factors influencing decisions to implement BIM – for respondents piloting or testing BIM
Figure 10: Factors influencing decisions to implement BIM – for respondents not using BIM
Figure 11: Major benefits received / expected to be received from BIM implementation
Figure 12: Stakeholders perceived to be getting most value from BIM
Figure 13: Impact on profitability over the year following BIM implementation
Figure 14: The impact of BIM on improving ROI – for respondents using BIM or planning to use BIM within 1 year
Figure 15: Expected impact of BIM on improving ROI – for respondents piloting or testing BIM
Figure 16: Expected impact of BIM on improving ROI – for respondents not using BIM
Figure 17: Stages of a project at which BIM provides most value
Figure 18: Measures that could help improve the value of BIM
Figure 19: Key barriers to BIM implementation – for respondents using BIM
Figure 20: Key barriers to BIM implementation – for respondents piloting BIM
Figure 21: Key barriers to BIM implementation – for respondents not using BIM
Figure 22: Cost-saving targets for the year following BIM implementation
Figure 23: Cost-saving targets expected to be set the year following BIM implementation
Figure 24: Additional fee charged when required to produce offerings in BIM specification

【レポートのキーワード】

ビルディング インフォメーション モデリング(BIM)、建設

【免責事項】
※当レポート上の情報/データは調査会社が信頼できると判断した情報源から入手したものに基づき作成しましたが、その正確性・完全性を保証するものではありません。当レポートに記載された情報/データ/見解/仮説などは作成時点又は発行時点における調査会社の判断であり、その後の状況変化に応じて変更される場合があります。当レポート上の情報/データに基づいたお客様の意思決定又は実行による結果について、調査会社/発行会社/販売会社H&Iグローバルリサーチ(株)はその責を負いかねますのでご了承ください。英文資料の紹介ページにおける日本語題名/概要/目次はH&Iグローバルリサーチ(株)が翻訳した内容であり、翻訳の正確性・完全性を保証するものではありません。

★調査レポート[市場インサイト-世界の建設市場におけるビルディング インフォメーション モデリング(BIM)]についてメールでお問い合わせはこちら


※世界の市場調査資料 総合販売サイトMarketReport.jpはH&Iグローバルリサーチ株式会社が運営しております。海外進出、グローバル事業戦略策定、新規事業機会の発掘、競合他社の動向把握などに必要な情報やインサイトをお客様にご提供しております。H&Iグローバルリサーチ(登録第5864124号)及びH&I(登録第5783645号)はH&Iグローバルリサーチ株式会社の商標です。
※当サイトでは2016年12月09日現在 219,203 件の調査レポートを取り扱っております。当サイトに掲載していない調査資料も弊社を通してご購入可能ですので、お気軽にご連絡ください。ウェブサイトでは紹介しきれない資料も数多くございます。

◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆